スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと思い出したメンタルヘルスに関する話

図書館にほぼ毎日通っていて、ふと昔の新聞記事にあった
「自殺したくなったら図書館に行きなさい」っていうのを思い出しました。
記憶を頼りにググってみると能登川の図書館長の話だったみたいで、
記事の全文がこれらしい。
【0702/57】能登川図書館長が語る隠れ場としての図書館、「自殺したくなったら図書館へ行こう」

<ここはらは個人意見>
図書館にいる人はほとんどが本目的。だから他人なんてどうでも良い存在なわけです。
他人にどう見られているかとかで不安になることなんて全くないし、
そもそも本棚で死角が多いから視線も気にならない。それにとても静かで空調完備で過ごしやすい。
適当にそこらに座ってるだけでも結構癒される。
暇になったら適当に本を引っ張り出せばいい。
最近ではラノベに漫画にBL本とバラエティに富んだ飽きない仕様。
平日に図書館に行けば色んな人種(事情的な意味で)がいるから、
悩める自分と似たような人もいたりして無意味な安心感のようなものが得られる。

こう考えて見るといいこと尽くめです。
新聞記事のタイトル通り自殺したくなるほど不安を抱えてる人は
一度(といわず何度でも)図書館に通って見るといいかも。
面白い本に出会えば憂鬱なリアルがどこかに吹き飛んでいって
生きるエネルギーを充填できるよ。
本一冊読み終えたときの達成感は中々気分がいいものだしね。
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

他人の目を気にしないで良いってのは楽ですね
俺も鬱ったら図書館いこう
ツイッター
ブログ書くのが面倒でツイッター投稿してるかも
    follow me on Twitter
    プロフィール

    有頂天

    Author:有頂天
    図書館通いのニート。
    趣味は読書、図書館内の散歩、ねとらじ・ゲーム配信の視聴、サッカー(Jリーグ)。前は十句観音経の写経、落語も。
    読書は目に付いたものを適当に読んだりレビューで気になったものを読んでるので特にジャンルは決めてない。教養が欲しいです。
    やっとこさ簿記2級合格しました。(平成23年12月)

    メアド:utyoutenn@gmail.com
    TwitterのID: utyouten

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    読んだ本、読みたい本
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。